企業向けクラウド・セキュリティサービス 「Microsoft Azure閉域接続サービス」を提供開始 〜業界最安値※ 月額14万円(税別)でMicrosoft Azureと閉域網接続が可能〜

2015/05/28
/
Comments Closed

アジュールバワー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:岸上 信二郎、以下 Azure Power)は、日本マイクロソフトが提供するクラウドサービス「Microsoft Azure (以下 MS Azure)」と閉域網接続が可能となる「Microsoft Azure閉域接続サービス」を法人企業向けに月額14万円(税別)で2015年5月28日(水)よりサービスの提供を開始することを発表いたします。

インターネット経由で利用するクラウドサービス「MS Azure」を基幹システムのネットワークに接続することはセキュリティの面から不安がある企業でも、機密性や高品質な閉域網で接続することで企業ビジネスインフラを向上させ、企業のビジネスを加速させます。

今までは、MS Azureと閉域網接続を行うために、お客様のルータ機器、アクセス回線、閉域網ネットワークサービス、MS Azureの閉域網接続サービス「ExpressRoute」らを、組み合わせる必要があり、導入を検討する企業には契約先も多岐にわたることから、コスト、人的リソースが大きな負担となっていました。さらに、障害が発生した場合には、原因の切り分け作業を利用者が行って、障害対応窓口の複数化といった運用面での課題から導入を見送ったケースも少なくありません。
アジュールパワー(Azure Power)は、これらの課題を一度に解決する「接続設定や課金、契約、サポートをワンストップで企業に提供する「Azure閉域接続サービス」をご提供します。

<Microsoft Azure閉域接続サービス Basicパック>
サービス提供価格 14万円(税別)/月額 1〜5のサービスをすべて含みます。

1. アクセス回線(NTT東西を提供する光ネクスト回線)利用料
2. 法人企業設置レンタルルータ費用
3. 24時間365日 ルータ死活監視サービス 費用
4. 閉域網利用料
5. ExpressRoute利用料 (1.5Tバイト以下のトラフィック課金費用込)
※初期費用は個別見積りとなります。

<Microsoft Azure閉域接続サービス 二重化パック>
・サービス提供価格 Basicパック + 59,000円(税別)/月額
ルータ機器、アクセス回線を二重化で提供し、可用性の向上を提供いたします。

 

アジュールパワー(Azure Power)が提供する豊富なサービスラインナップ

1. モバイルデバイスと閉域SIMを組み合わせた閉域SIMパック
SIMフリータブレット、スマホに閉域SIMを挿入するとインターネットを介さずに閉域網経由で直接社内、及びAzureへ接続することができます。

2. Active Directory(AD)構築、移行サービス
Azureと閉域網接続した際に、BCP対策の観点と各種クラウドサービスとのシングルサインオンを目的として社内のADをアウトソーシングしたいというニーズが高まっています。Azure Powerでは、AD関連でご要望の多いサービスをパッケージ化してご提供します。

3. Office365とADのID連携サービス
ADFSをAzure上に構築し、Microsoft Office 365(Office 365)をオンプレミス環境のActive Directory(AD)と連携させてシングルサインオンとアクセス制御を行うためのソリューションです。

4. シンクライアント構築サービス 
AzureRemoteAppの利用により短期間でシンクライアント環境を提供します。

サービスの詳細URL
https://azurepower.jp/service/vpn/

※:2015年5月現在
※※:本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

Comments are closed.

Top