一歩進んだOffice 365 PowerShellで管理(準備編)

2016/04/26
/
Comments Closed

みなさん、こんにちは。アジュールパワーの菅原です。

Office 365を管理するには、これまで紹介してきたようにOffice 365ポータル(Webサイト)から管理することもできますが、
多くのユーザー・グループの登録や管理を行うには、PowerShellが便利な場合もあります。

また、ちょっとした設定でもPowerShellからしかできない操作などもあり、Office 365管理者はPowerShellを
使えるようにしておいた方が良いでしょう。

ということで、今回はPowerShellでのOffice 365の管理方法を紹介していきます。

まず、環境の準備です。
PowerShellが使える環境(OS:Windows 7以降)を用意します。

次にモジュールのインストールですが、このあたりでつまづくこともしばしば。
Office 365をPowerShellで管理するためには、以下のモジュールが必要です。

1.Microsoft Online Services サインイン アシスタント

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=41950

2.Azure Active Directory Module for Windows PowerShell

http://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=236297

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/azure/jj151815.aspx (上記リンクが記載してあります)

3.SharePoint Online Management Shell

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35588

4.Windows PowerShell Module for Skype for Business Online

https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=39366

これらを順番にインストールしていきます。

インストールが完了したら、PowerShellの「実行ポリシー」というものを設定します。

スタートメニューなどからPowerShellを「管理者で実行」して、以下のコマンド実行します。
PS C:\WINDOWS\system32> Get-ExecutionPolicy

実行結果が
Restricted
と帰ってくれば、

以下のコマンドを実行します。
PS C:\WINDOWS\system32> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

以下のような結果が返ってくるので、「Y」を入力してEnterします。

実行ポリシーの変更
実行ポリシーは、信頼されていないスクリプトからの保護に役立ちます。実行ポリシーを変更すると、about_Execution_Pol
icies のヘルプ トピック (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170)
で説明されているセキュリティ上の危険にさらされる可能性があります。実行ポリシーを変更しますか?
[Y] はい(Y) [A] すべて続行(A) [N] いいえ(N) [L] すべて無視(L) [S] 中断(S) [?] ヘルプ (既定値は "N"): y

もう一度、以下のコマンド実行して
PS C:\WINDOWS\system32> Get-ExecutionPolicy
実行結果が
RemoteSigned
と帰ってくればOKです。

以上で、準備完了です。

ところで、PowerShellを実行するときに、「Windows PowerShell」と「Windows PowerShell ISE」があります。

o365ps1

インフラ管理者には、コマンドプロンプトに似た「Windows PowerShell」が落ち着きますが、
各種コマンドを保存したり編集したりすることが多い Office 365の管理には「Windows PowerShell ISE」が便利です。

このツールはPowerShellスクリプト(.ps1)を作成したり、編集したりすることが可能ですが、
良く使うコマンドををps1ファイルに保存しておき、その中のコマンドを選択して実行することもできます。

o365ps3

また、PowerShellを実行するときは、できるだけ「管理者で実行」した方がよいでしょう。
各種設定やモジュールのインポートをする際に管理者で実行しないとエラーになります。

実際のOffice 365の管理やPowerShellのコマンド利用は次回に。

Comments are closed.

Top