一歩進んだOffice 365 多要素認証を使う方法

2015/11/23
/
Comments Closed

みなさん、こんにちは。アジュールパワーの菅原です。

今回も、Office 365の一歩進んだ使い方を紹介していきたいと思います。

 

今後、紹介予定のネタ

(今回)Office 365で多要素認証を使ってみよう

・Windows 10ならこんなに便利簡単シングルサインオン

・Office 365のMDM セキュリティ対策

 

Office 365では、標準で多要素認証が利用できます。

これによって、ブラウザなどからOffice365を利用する場合になりすましを防ぐことが可能です。

設定方法や認証方法はいろいろありますが、今回は一般的なOffice365の管理画面で
スマホのテキストメッセージで認証する方法を紹介します。

 

(1)Office 365管理ポータルで多要素認証を設定する

    まずは、Office365管理センターのユーザー管理画面から、多要素認証のセットアップを行います。

o365mfa1

 

    多要素認証を設定するユーザーを選択して、「有効にする」をクリックします。

o365mfa2

 

    「malti-factor authを有効にする」をクリックします。

o365mfa3

 

(2)ユーザー側で多要素認証の電話番号を設定する

    ユーザー側で通常使うユーザー名、パスワードでログインすると、多要素認証を設定する画面がでます。

o365mfasetup1

 

    連絡方法を選択します。今回は「認証用電話」として、メッセージを受信する電話番号を設定します。

o365mfasetup2

 

    設定した電話番号にテキストメッセージが送信されてきますので、その番号を入力します。

o365mfasetup3

 

    ブラウザ以外(Outlook)で利用する際に、必要なパスワードが表示されます。これを記録しておきます。

o365mfasetup4

 

    これで、多要素認証の設定は完了です。ブラウザでログインする際には多要素認証の画面がでます。

o365mfalogin
今後、モバイルアプリケーションでの認証方法なども紹介していきたいと思います。

Comments are closed.

Top