一歩進んだOffice 365 Windows 10 Mobileで使う(MDM編)

2016/03/13
/
Comments Closed

みなさん、こんにちは。アジュールパワーの菅原です。

少し、時間が空いてしまいましたが、引き続きOffice365の機能を紹介していきたいと思います。

今回は少しずつ機種も増えてきました、Windows 10 Mobileを使ったOffice365です。
手元にあるのは、FREETEL社のKATANA 01

w10m-mdm1

今回は以前、紹介したOffice365のMDMの機能を検証してみました。

事前準備として、前回と同様にグループの作成とポリシーに対する割り当てを行っておきます。

そのうえで、Windows 10 Mobile側の操作です。

1.職場または学校のアカウントを追加
まず、「設定」ー「アカウント」ー「メールとアカウント」から
職場または学校のアカウント(Office365のアカウント)を追加します。

w10m-mdm2

この時点だと、単にWindows 10 デバイスとしてOffice365に認識されます。
MDMに登録しないとデバイスのワイプができません。

w10m-mdm3

2.デバイスマネージメントに登録
次に「設定」ー「アカウント」ー「職場のアクセス」から
デバイスマネージメント(MDM)に登録します。

w10m-mdm4

同期が完了すると、MDMのポリシーが適用されワイプも可能になります。

w10m-mdm5

3.ポリシーの適用確認
Office365のMDMポリシーですが、他のデバイスと同様にパスワードポリシーやストアの禁止ができます。
ストアを禁止すると、以下のような画面になります。

w10m-mdm6

いかがでしたでしょうか。

やはり、WindowsとOffice 365の親和性の良さが感じられますね。

Windows 10 MobileにはOfficeも標準的にインストールされていますし、Outlookの設定も簡単です。
次回は、その辺りも紹介できればと思います。

Comments are closed.

Top